こども 一覧

課題のない創作体験?!冒険工作ワークショップ5月開催のお知らせ

【冒険工作ランド】
カラー画材の作用と自由な工作、粘土あそびを通して、子どもの心を解放感と満足感で満たします。また、そうやって過ごすうちに、意外な発見や驚きに出会います。
色水を混ぜていたら色が変わった!?
粘土をどんどん思いついた形に変えていったよ!
段ボールみたいな堅い紙もひとりで切れる!!
そんなワクワクする気持ちに出会える場所を、冒険工作ランドと呼んでいます。

小さな子どもの心にはわくわくがいっぱい詰まっています。小学生以上になると、自分の思い描いたものを形にしていく行程を考え実行しようとします。ハサミを使うこと、思ったとおりの線を描く、設計図どおりに作る。失敗しないように、反復して練習する姿も見られます。 そして失敗することもあります。
失敗すると最初はがっかりしますけれど、何度もやりなおし挑戦、そこでくじけないしぶとさと集中力が身につきます。
それらがすべて「冒険工作」なのです。
ぜひ、実りある楽しい冒険が味わえるワークショップへご参加ください!

お申し込み

お申し込みはこちら
4月10日(水)21時より受付を開始いたします。(現時点では日程が表示されておりません)

【やってもいいこと】
☆おしゃべり自由
☆出歩き自由
☆自分で終わりと決めたら、その後は一休みしたり早く帰っても構いません (マンガを読んだり寝っ転がったり、ゲームは保護者の待機場所でしたらOKです)
【やってはいけないこと】
☆お友達の作品をこわす、作っているじゃまをする ☆お友達や兄弟の材料をだまって持っていこうとする
☆自分の兄弟姉妹の作品を勝手にさわること、こわすこと
☆危ない道具にさわること(万力と電動ろくろ)
☆作ったものでたたかうこと、人にむかって振り回したりすること

  • 日時:5月6日(月)14時~15時30分 締め切りました
  • 日時:5月26日(日)14時~15時30分(この日はブログに記載した「ブルーシートコーナー」の設置はありません)
  • 会場:渋谷区文化総合センター大和田 渋谷区桜丘町23-21渋谷駅から徒歩5分 (アクセス地図はこちらをご覧ください)
  • 参加費(初回~3回目まで):子ども一人3,500円、ご兄弟二人で6,000(材料費、消費税込み)
  • 参加費(4回目から):子ども一人2,500円、ご兄弟二人で5,000(材料費、消費税込み)
  • 参加できる年齢:5歳から11歳くらいまで
  • 募集人数:約8名

初回参加の方は事前振り込みをお願いしております。 入金確認をもって受付完了としますので、フォームにてお申し込み後、 詳細メールをご確認ください。

  • 水彩絵の具で服が汚れる場合があります。汚れてもよい服装か、スモックがあればお持ち下さい。
  • 同じお部屋に保護者の方の待機スペースがございます。特に5~6才の子どもさんの保護者の方はできる限りそちらでお待ち下さい。
  • 渋谷区文化総合センター大和田には一般利用の駐車場がありません、公共機関を利用の上会場までお越しください。
  • 直前でのキャンセルについては、当日でも構いませんのでお伝えした電話番号へご連絡をお願いします。無断でキャンセルされた場合は、次回からご参加をお断りする場合もございます。どうぞ、ご協力の程お願い申し上げます。
お申し込み

お申し込みはこちら
4月10日(水)21時より受付を開始いたします。(現時点では日程が表示されておりません)


ブルーシートの女王様

タイトルだけみると何だか変ですね。
これは二つの意味があります。

工作の導入で、壁際のブルーシート上ではスタッフの津村さんが遊びを取り入れながら、子ども達とコミュニケーションを取りつつ、創作に興味を持つようさまざまな素材を提示していきます。
これは、その一部です。

キラキラのスパンコールを空き箱に入れ、それを下から手ではじいてはじけさせるという遊びです。その時、
「飛んじゃったスパンコールは自分で拾って箱にいれてね」
と津村さんが促すものの、この二人はなかなか拾い集めてくれません。
「せんせいが入れてよー」
と、さながら女王様のような振る舞いなのでした。それでも、自分たちが弾き飛ばしたもの。ちゃんと彼女たちに集めてもらいました。
もちろんその後は、色水作りや紙工作、バルサ材工作などに移行しています。

またこちらは別の日の様子。
工作机で粘土細工や絵を描いていた子どもたちが三々五々ブルーシートに集まりました。どうやら折り紙教室が始まったようです。男子たちは手裏剣作り。手前の女子は折り紙を折ったり切り貼りしての工作です。
また、その後方では段ボール箱を使った大きめの工作に励んでいる男子もいます。

この時のブルーシート上では初対面の子どもたちが、ぽつぽつとおしゃべりをしながら緩やかにコミュニケーションを取っています。その中心になってくれるのは、やはりスタッフの津村さん。彼女もブルーシートの女王様なのです。支配するという意味ではなく、やさしく子ども達が楽しく過ごせるようにこの場を治めてくれているのです。

冒険工作ランドは創作力を伸ばす場所でもありますが、子ども達がおのおの好きなように過ごす場所でもあります。それぞれが女王様、王様になれる場所でもあります。
さらに、その小さな統治者がそれぞれぶつからないよう、楽しく過ごせるように、やさしく包み込むスタッフもいるのです。
このブルーシートの作業場所は、これからもずっとこのまま続けていきたいと思います。

次回冒険工作ランドは5月6日開催。まもなく募集のお知らせを掲載いたします。
皆様のご参加お待ちしております。


1 2 3 4 5 59