その途中がすごいんです!

こんにちは。
冒険工作ランドの八坂です。
このワークショップについて、いつも最初にご説明させていただくのが
「最後になにかできない場合もあります」ということ。
このワークショップは、もちろん自由に工作する事が主題ですが、
画材や廃材などを使って、組み合わせて、あれこれ試してみる!
この行程をを大切にしています。
例えば、こちらの画像。これはいろいろな実験の結果なのです。

右下のトレイにカラフルな溶ける素材を入れてどんどん溶かして混ぜます。
すると黒くなっていきました。
とにかく、何でも入れてみようと、粘土もいれたり絵の具も混ぜ込んだり。
そして、それを実験ビーカーに流し込むように、ビニールコップに移します。
トレイの中に手をばちゃん!と入れてみます。
とにかく、実験精神に溢れた作業が続きました。
もう本人は、この真っ黒い液体を持って帰りたくてしょうがなかったのですが、
それは諦めてもらいました。

この様に最後まで実験を続けて過ごす子どもさんもいます。
たしかに、お持ち帰りできるものはないのですが、
「やりきった!おもしろかった!」
という気持ちは強く残るのです。

8月は、こういった色水遊びゾーンを拡張する予定です。
水遊び要素も含まれていて、子ども達はとても気持ちがよいようです。
ご参加されます方は、汚れてもよい服装でお越しくださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加