冒険工作ランドブログ 一覧

文字を書きたい

ちまたではハロウィンイベントが賑やかな10月28日。当ワークショップでもハロウィンの季節素材を準備しました。一部の子どもさんは仮面を作ってくれました。二人の個性がよく表れていますね。

仮面ガールズ

さて、文字を書きたいというタイトル。時折、作品の中に文字を入れることがあります。
習ったばかりの文字は、どんどん書いてみたい。数字を書いて暗号の石版を作るのだそうです。

数字をいっぱい

アスレチックパーク予定地だったのが、温泉になったそうです。そこのところ写真に残していないのが残念です。

ここをアスレチックパークとする

今回の文字入り大作。文字を習いたてで書きたいところから、自分が言いたいことを伝えるために、しっかりと文章を考えて書いていくようになります。
スタッフが試しに手を入れて、その中で作者君の手をにぎろうとしたのですが、壁に阻まれてできたなかったそうです。これはこっそり握手装置ではなく、自分の手であたりクジをつかみ出す「ガチャガチャ」でした。

すごく手を入れてみたい

次回は11月25日開催。お申し込み開始は7日水曜日21時からです。
今年最後の冒険工作ランド、ぜひご参加ください!!


自由な創作はむずかしいですよね!?

今年にはいってから、マヨネーズのような容器に入った絵の具を見えるように準備しています。「指絵の具」というものですが、顔料を小麦で伸ばして粘性をだした絵の具です。その名のとおり、繊細な絵を描くというよりは、指でにゅるにゅると豪快に描くものです。

なかなか我々の想定どおり使ってもらえなかった「指絵の具」ですが、手のひらに塗り込んで、ぺたぺたとやってくれました。当初は、「絵の具が手につくの、やだ~」と言っていた子供さんですが、やり出してみると楽しいのでしょうね。たくさん、手形を押してくれました。

これは、時間軸がちょっと巻き戻って、ぺたぺたやりはじめたばかりのもの。この作品をスタッフが自宅へ持ち帰り、お子さんと一緒に作品に仕上げてくれました。

画像をクリックすると、元の大きさのものをご覧になれます

追加した部分も、すべて手形で描かれています。空に草に太陽、木も手形です。カニさんもいますね。親子で楽しく創作の時間を過ごせたようです。

私たちはあれこれ課題を設けずに自由な創作をしてもらうことを基本としていますが、時にはアイデア出しをしたり、ちょっと素材をみせて誘導することもあります。
やっぱり、完全な自由は難しいのです。
「自由工作」の看板に偽りあり!とはいわず、この点ご承知おきいただけると幸いです。

さて、明日には10月28日の工作ワークショップのご連絡を配信します。お申し込み開始は、10月3日からです。みなさまのお申し込みお待ち申し上げます。


1 2 3 4 42