好きなことを仕事に??

ホームページ制作で画像を制作する事が多いのですが、よく周囲の方には「好きな事を仕事にできてよかったですね」と言われます。
確かに、私は絵を描いたり、画像の加工などは好きです。あれこれ考える時間は、けっこう夢中になってあっという間に過ぎていきます。
ところがです!
そうやって、好きな時間を過ごせるのは「趣味」の時間だからなのです。
ホームページ制作の現場は、いついつまでに仕上げるという納期が決まっています。場合によっては、とても少ない短い時間で制作しなければなりません。
趣味の場合だと、やる気が起きた時にぼちぼちと進めて、余暇時間に終わらなくても明日があるからいいや~となりますよね。でも、納期が決まっていると、たとえば「今は制作したくない、作りたくない」と感じる時も否が応でも作り出さなければならないのです。「ああ、これきついな~」と感じた時、好きな事を仕事にするのは全部が全部いいことだらけではない、と気づきました。結構きついんですよ~。三時間でこの画像を仕上げてください!と言われて、身もだえすることが多かったですね。

たぶん、小説を書いていらっしゃる方も同じ感じだと思います。よく脚本家の方が「原稿しなきゃ!」とツイッターで自身を鼓舞しているのを見かけますが、気分がのればすらすらでも、ほんと今やりたくないのよ、という時も書くのはさぞかししんどいだろうな・・と思って見ています。

20150218_3235572

前置きが長くなりましたが、冒険工作ランドでは子どもさんが本当にやりたい事だけをやってもらっています。
本当にやりたい事と言うと誤解があるかもしれません。ちょっとやってみてやめてしまうのでもかまいません。
少しずつそこにある材料を触っていくだけの子どもさんもいます。
「試してみよう」「これやってみたかった」
こんな好奇心は誰しもありますよね。
なので、「もうやめちゃうの?」と思われることもあると思いますが、そこはいろいろお試し時間として楽しんでいるのだと思ってぜひ見守ってあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加