わくわくする 一覧

6月7日ワークショップの様子

本格的に梅雨に突入しましたね。
ワークショップ前日は大雨でした。7日の朝も、一部の電車が止まっていたり不穏なはじまりでしたが、みなさん元気に参加くださいました。
なるべく月に2回の開催を心がけて参ります。
また、7月8月は、土曜日と水曜日の開催を予定しています。
夏休みの宿題対策にもどうぞご利用ください!

さて、今回は2回目の女の子。ハートが大好きで、粘土でハートの土台を作りそこにビーズをデコレーションしていきます。
ベアのビーズに小さな別のビーズをのせてリボンにしたり、これはここ、あそことレイアウトを一生懸命考えています。
20140608_2415302
こちらは小学3年生のお兄ちゃん。
木工素材を手にとります。最初、扉を作ってみました。その後はとんとんと家を建てていきます。
最初は三角屋根を考えていたみたいですが、平面屋根にデコレーション。スカルビーズ、いい味出しています。
20140608_2415301

余談ですが、スカルビーズを見て「悪いひと~」という声が聞こえました。
面白いですよね。子どもが見るコンテンツでは、スカル柄は悪い人が使っているものなのですよね。
海賊とか、ゴブリンに食べられた人の頭蓋骨なんてことで、悪い人のそばに転がっていたりもしますね。
お化けとして、骸骨がケタケタ笑ったりもします。
なので、小さい子どもさんのほうが発想力も想像力も大人より柔軟と一般的に言われますが、一部のものについてはいろいろな知識が入った大人のほうが広く想像できる場合もあるのねぇと感じた次第です。
私からすると、スカルはあくまで人の頭蓋骨です。でもその人が生前よい人か悪い人かはわからないと感じます。もしかしたら何かに巻き込まれて、不本意ながらこのような姿になった良い人かもしれません。


冒険工作ワークショップ 7月開催お申し込み受付中!

【冒険工作ランド】
冒険工作ワークショップは、カラー画材の作用と自由な工作、粘土あそびを通して、子どもの心を満足感で満たし、遊びがいっぱい詰まった時間を、たっぷり過ごしてもらうことを目的としています。

mosikomi

pink与えられた課題ではなく、自分で考えたものを思い通りの形にする。その過程では、作りたいものを頭の中で思い描く、想像力・企画力が磨かれてゆきます。その後は実際に素材を確かめ、試行錯誤して描く・形造るという造形の力が磨かれます。
周囲で見守る大人が驚くような表現も現れます。
そんなときの子どもたちはとても得意げで、とてもいきいきとしているのです。
ぜひ、わくわくするような冒険が味わえるワークショップへご参加ください!

仲良しグループでの参加も受付いたします。ご相談ください。

  • 日時:7月5日(土)14時00分~15時30分
  • 日時:7月30日(水)14時00分~15時30分
  • 会場:渋谷区文化総合センター大和田2階 区民学習センター 学習室6
    渋谷区桜丘町23-21渋谷駅から徒歩5分
    (アクセス地図はこちらをご覧ください)
  • 参加費:子ども一人2,000円、ご兄弟、お友達二人で3,000円、三人で4,000円(材料費、消費税込み)
  • 参加できる年齢:3歳頃(保護者同伴)から8歳くらいまで
  • 募集人数:各回6名

※子どもさんは汚れても構わない服装でのご参加をお願いします。
※初めて参加の方をのぞき、保護者の方には離れた場所から見守っていただくようお願いしております。
というのは、すぐ側で子どもさんの創作をみていると、ついつい声をかけたくなってしまいがちです。声をかけられると、子どもさんは保護者の方の気持ちを考えて、本来の自由な表現ができなくなってしまう場合があります。同じ学習室の中に待機スペースを設けますので、子どもさんの思いがけない発明のような作品の完成を楽しみにお待ち下さい。
※作品のお持ち帰り用にB4画用紙が入るくらいの大きめの紙袋をお持ちください。
※渋谷区文化総合センター大和田には一般利用の駐車場がありません、公共機関を利用の上会場までお越しください。

mosikomi


1 48 49 50 51 52 53 54 58