1月21日のワークショップの様子~1~

新年1回目のワークから1週間がたちます。
毎回、さまざまな自由な発想の作品が生み出されます。

まず、こちらは「門松」
なぜこの作品を取り上げたかというと、この子は前回までは色水遊びを主にしていたのです。たぶん、こういったペンで描いたり立体にしたり、そういった事はすでに出来るようなっていましたが、敢えて色水で遊んでいました。工作は精神の発達具合によって主題が少しずつ変わってゆきます。色水や粘土などの直接感じられる触感の遊びは、幼児期によくみられます。
そこから、彼女はひょいと次の学童期の段階にのぼりました。十分に触感遊びを楽しんだから、次へと進んだのでしょう。
でも、また元に戻るかもしれません。
階段をのぼったり降りたり、そんな風に創作の段階を移動してゆきます。

親子でボードゲームに親しむ会はまだまだ募集中です!
詳細はこちら https://kousakuland.com/post-1295.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加