冬でもやっぱり水遊び

こんにちは
八坂です。

12月にはいり、一気に寒くなりました。
先日は、1月の気温になったりもしましたね。
12月3日のワークショップでは、私の頭の中では、「水遊びはあまりお勧めしたくないな」というものがありました。
これからクリスマス会などの楽しいイベントがたくさん予定されているでしょう。その直前に風邪をひいたりお腹を壊してしまったら大変と考えていました。

けれども、本当に大人の思惑など子ども達には関係ないのですね。
この工作室の水場ではお湯がでることもあり、普段とかわらない水遊びの場ができました。

真ん中のAちゃんは、水遊びのエキスパートです。やはりこれをやらなければ、冒険工作ランドに来たことにはならなかったのでしょう。色水をつくったり、透明感のある水色を紙皿に流し込んでいます。そのうち、水遊び初めてさんがそれに加わりました。

こういった、自発的な「同じことをやりたい」気持ちは、私たちは大切にしています。
そうそう、紙皿に溶かした絵の具を流したのは、左側のA君が最初でした。

しっかり色鉛筆で塗り込む、薄い水彩絵の具で滲むように描く。素材や表現方法の違いをその時の気持ちのままに表しています。

「褒められるから、認められるからやる」から「自分でやってみたいから、やる!」へ。
心のうちから湧き出す「やる気」を引き出すお手伝いを、これからも続けたいと思います。

八坂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加