冒険工作ランドブログ 一覧

第2回ボードゲームの会の様子

こんにちは!

先日4月29日にボードゲームに親しむ会第2回目を開催しました。
1回目は主宰の八坂が体調不良でお休みしてしまい、後から皆さんの様子を聞いただけでした。その中から、どういった形がこの会の最善の形なのか?それをずっと考えていました。
ボードゲームですから、王道の「カタン」は必ずやってみたいと思っていました。
最初、言葉だけでの説明はなかなかわかりづらく、5周目くらいから皆さんコツがわかりはじめたようです。けっきょく、カタンで60分以上遊びましたね。

順番が前後しましたが、最初はアイスブレイクに役立つ「ナンジャモンジャ」です。
名前のない「ナンジャモンジャ」たちに名前をつけ、次にそのカードが現れたら、いち早くその名前を呼んであげた人がそのカードを手に入れます。そうして、たくさんのナンジャモンジャカードを手にした人が勝ち!子ども達の記憶力と瞬発力には大人はなかなかかないませんでした。
カタンに興じる大人たちとは別に、上級編三目並べ(ゴブレット・ゴブラーズ)や、キャプテン・リノ(変則ルール)で子ども達は楽しみます。

途中から親御さんと一緒にカタンに興じる子どもさんもいれば、ずっと子ども用のゲームで遊ぶ子どもさんもいました。

次回はさらに大人と子どもが同じ時間たっぷり遊べるよう、バランスを考えてゲーム選びをしたいと思います。

次回は未定ですが、土曜日か日曜日の午後に開催予定です。
工作ワークショップとあわせて開催の案内を毎月1回メールにて差し上げています。
ご興味ある方は、こちらから「連絡メール希望」としてメールアドレスをご登録ください。
お問い合わせ


最大級の作品出現!

4月22日から3週連続で冒険工作ランドは、自由創作ワークショップやボードゲームの会を開いています。今日はボードゲームを楽しみました。
こちらについては、また後ほどご報告します。

さて、4月22日の冒険工作ワークショップは、今までにない大きな作品が現れました!
大きな模造紙1枚では足りず2枚貼り合わせた大きなキャンバスに、列車の操車場を作っていきます。
のびのびと大きな紙いっぱいに描く列車。パンタグラフかな?さまざまなモチーフが立体的に追加されていきます。
そして、作品作りの終盤、ビーズをボンドではりあわせてあるものを作っています。
んん?この形はもしや??
日本列島!?!?

マクロでありミクロであり、彼の中の大きな宇宙を感じられる作品です。

次の記事はゲーム会の様子をお知らせしますが、その次はまた22日の作品をご紹介します。すっかり自由な創作に慣れ親しんだ子ども達の、自由な発想が見られますよ!
お楽しみに!


1 2 3 4 5 40